東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

良好な状態で尼坊跡を発見 高崎・上野国分尼寺

上野国分尼寺跡の今回の調査で判明した尼坊跡=高崎市で

写真

 高崎市教育委員会は十六日、発掘調査中の上野国分尼寺(こうずけこくぶんにじ)(同市東国分町)で、礎石建ち瓦葺(かわらぶ)きの尼坊(にぼう)跡が良好な状態で残っていたと発表した。市教委は「尼坊跡の調査例は少なく、良好な状態で発見されたことは貴重だ」としている。

 尼坊は十人の尼が日常生活を営んだ場所。一九六九〜七〇年の県の調査では講堂跡と推定されていた。今回の調査で礎石痕跡が東に広がり、新たに五列分が判明。大型の建物の基礎を造る時に地盤を掘り下げた範囲は南北一三・五メートル、東西三十四メートル以上に及んでいた。

 建物の東端を確定する柱が見つからないことから、未調査の東側にさらに延びていた可能性が指摘されている。東西に長い建物の特徴から尼坊跡と推定され、残っている約七十センチ四方の大きな礎石からも格式の高さがうかがえるとしている。

 上野国分尼寺は奈良時代の天平十三(七四一)年、聖武天皇が発した「国分寺建立の詔」で上野国分僧寺とともに創建された。

 二十日午前九時半〜午後三時半、現地で一般向けの説明会が開かれる。 (大沢令)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by