東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

ミズバショウ もうすぐ見頃 尾瀬で山開き

 群馬、栃木、福島、新潟の四県にまたがる尾瀬国立公園の山開きの式典が十九日、片品村で開かれ、自治体関係者ら約百五十人が登山客の安全を祈った。村によると、湿原に群生するミズバショウは六月上旬に見頃を迎える見通し。

 心地よい風が吹く青空の下、片品村の千明金造村長は「今シーズンも多くの人に訪れていただき、美しい思い出をつくってほしい」とあいさつ。入山口がある福島県檜枝岐村と新潟県魚沼市の代表も参加した。

 尾瀬の登山ガイドを約二十年続ける安類智仁(あんるいともひと)さん(42)は「尾瀬は登りやすい道が整っていて、植物の数も多い。山に興味のない人もきっと素晴らしさに感動できる」と話した。

 環境省によると、尾瀬国立公園の昨年の入山者数は約二十九万人。日光国立公園から分離、独立して八月で十年となり、関係自治体は改めて尾瀬の魅力のPRに力を入れている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by