東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<全日本学童野球>大間々東小リトル16強

ベスト16進出を決め喜ぶ選手たち=東京都の府中市民球場で

写真

 第37回高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)の県代表・大間々東小リトルジャイアンツ(みどり市)は十二日、東京都の府中市民球場で2回戦に臨み、城東野球軍団(愛媛)を9−6で破りベスト16入りを決めた。

 先制された後の三回、2死から中前打で出塁した星野ひので主将を、田口爽太君の三塁打で返した。四回は田口君、新井克明君の連続二塁打など打者一巡の猛攻で6点を奪い、一気に逆転。七回には2死満塁から周東龍輝(しゅうとうりゅうき)君が2点適時打を放ち、リードを広げた。

 3打点の田口君は「四回は返してやる、という感じでアウトコースの球を打った」と話した。星野君は「投手の周東君も落ち着いていた。みんなで全力で戦って勝ちたい」と、次戦に向けて気を引き締めていた。 (神谷円香)

 ▽2回戦

大間々東小リトルジャイアンツ

0016002|9

2010012|6

城東野球軍団

(大)周東−布川

(城)伊藤、有馬、西原−越智

▽三塁打 田口(大)▽二塁打 田口、新井克(大)菊川、有馬(城)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報