東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

吉田沙保里選手が出席へ 12月に前橋で臓器移植講座

写真

 臓器移植をテーマにした市民公開講座が十二月に前橋市の群馬会館で開かれ、座談会にオリンピック女子レスリング金メダリストの吉田沙保里選手が出席する。

 吉田選手が出席するのは、臓器移植法施行二十周年記念 第十二回臓器移植・市民公開講座(主催・NPO法人ハートtoハート・ジャパン、共催・北関東循環器病院など)。

 第一部は主催のNPO法人理事長で北関東循環器病院の南和友院長ら臓器移植の専門家による講演などが予定されている。吉田選手は第二部の座談会に栄和人・女子レスリング日本代表監督とともに参加する。担当者は「吉田さんには座談会のテーマである“いのち、感動、健康な生き方”について語っていただきたい」と話す。吉田選手は南院長らと以前から面識があり、出席が決まったという。

 市民公開講座は十二月十日午後二時〜午後五時。入場無料だが、事前にはがきかファクス、メールで必要事項を明記して申し込みが必要。問い合わせは、渋川市の北関東循環器病院内のハートtoハート・ジャパン群馬事務局=電027(232)7111=へ。 (竹島勇)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報