東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

学級数・定員など概要決まる 21年度 2高校開設で県教委

 県教育委員会は十一日、桐生高と桐生女子高、桐生南高と桐生西高がそれぞれ統合し、二〇二一年度に開校する新高校二校の概要を公表した。

 桐生高と桐生女子高の統合による新高校は全日制の男女共学で、募集定員は普通科六学級、理数科二学級の八学級で計三百二十人。現行の桐生女子高にある通信制は引き継ぐ。二〇年度までの桐生高、桐生女子高の入学生は二一年四月、現在の桐生高に開校する新高校に一括して転学する。

 桐生南高と桐生西高の統合による新高校も全日制の男女共学で、定員は普通科六学級の二百四十人。二〇年度までの入学生は二一年四月、現在の桐生西高の場所に開設する新高校に転学する。

 県教委は少子化を背景に昨年六月、四校の統廃合などを内容とする桐生・みどり地区県立高校再編整備計画を策定し、四校や県教委関係者らによる新高校開設準備会で検討してきた。今後、教育課程などについて具体的な協議を進め、一八年度に新高校二校の基本構想をまとめる。 (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by