東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

東部児相に一時保護所 県補正予算案に計上

 県は手狭になった東部児童相談所(太田市)を同市内に移転し、虐待や親の病気で家庭で暮らせなくなった子どもたちを預かる一時保護所を併設して整備する。十二日に発表した本年度補正予算案に基本・実施設計費八千八百万円を計上した。一時保護所は県内では中央児童相談所一時保護所(前橋市)しかなく、定員超過の状況を解消するために設置を決めた。二〇二〇年度の開設を目指す。(石井宏昌)

 東部児相は太田市西本町の太田保健福祉事務所内にあるが、職員数が倍増するなどして手狭になり、移転整備を検討していた。

 中央児相の一時保護所は定員三十六人だが、保護した子どもが定員を超える日が一五年度は百二十日、一六年度が八十日、本年度は七月末現在で八十六日となっている。県では「こうした状況を解消し、児童相談所の体制強化を図りたい」としている。

 新しい東部児相は、同市新田木崎町の県有地約一万二千六百平方メートルに予定する。同所は地元住民が運動広場として利用しており、県が今年四月から地元住民に計画を説明。県によると、おおむね理解を得られたという。一八年八月に設計を終了し、同年十二月ごろに着工予定。一時保護所は定員三十人。

 補正予算総額は五十四億八千七百万円で前年度の補正額を大幅に下回るが、県財政課は「前年度は国の経済対策があり、これを差し引くと前年度をやや上回る規模」としている。大沢正明知事は「県民生活に関わる緊急課題に対応するために編成した」と述べた。補正予算案は二十日開会の県議会定例会に提案する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by