東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

県内入り込み客2.7%減 16年前年比・県まとめ

 2016年の県内への観光入り込み客(観光で県を訪れた人)数は6399万人で、前年に比べ2.7%減少したことが、県のまとめで分かった。観光消費額は1888億円で1.6%減った。

 入り込み客数の内訳は、日帰り客が5639万7000人で2.7%減、宿泊客は759万6000人で2.2%減った。15年に国の交付金を活用して販売した「群馬プレミアム宿泊券」による増加があった反動で宿泊客が減少したほか、雪不足により県北部のスキー場や周辺温泉地で客数が減ったことが影響したとみられる。

 中之条町は隔年開催の「中之条ビエンナーレ」が開催年でなかったため、前年を74万3000人も下回った。スキー場の多いみなかみ町は57万1000人減、片品村も25万5000人の減と雪不足が響いた。主要温泉地9カ所で見ると、草津温泉は307万4000人で前年から3.7%増えたが、その他はいずれも減少した。

 一方、歴史博物館のリニューアルオープンや保渡田古墳群の客数増などがあった高崎市、華蔵寺遊園地が好調だった伊勢崎市などで入り込み客数が増えた。

 観光消費額は前年より減ったものの、宿泊客の1人当たり消費単価は257円アップ。このため宿泊客の観光消費額が0.1%減と小幅に収まり、入り込み客数の減少幅より小さかった。

 県観光物産課は「プレミアム宿泊券の反動などで15年を下回ったが、14年比では伸びている。今後もさまざまな事業を展開して観光誘客を図りたい」としている。

  (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by