東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

衆院選群馬1区 中曽根康隆さん出馬表明 自民系3分裂の可能性

立候補の意向を表明する中曽根康隆さん=県庁で

写真

 次期衆院選の群馬1区で出馬に意欲を示していた中曽根康隆さん(35)が二十一日、正式に立候補する意向を表明した。自民党公認を目指すが、1区では同党の現職二人も出馬の準備を進め公認は難しい情勢。康隆さんは「不退転の覚悟で挑む」と無所属出馬も辞さない姿勢を強調した。自民系が三陣営に分裂する可能性が高まり、同党関係者らに当惑が広がった。 (石井宏昌)

 中曽根康隆さんは中曽根康弘元首相の孫で、中曽根弘文元外相の長男。県庁で会見した康隆さんは「自民党の国会議員として、群馬のため、日本のために働きたいという考えは変わっていない。祖父や父が群馬にお世話になり、国会議員の責任の重さを感じてきた」と語り、自民党前橋支部に公認申請を出すことを明らかにした。

 1区の公認候補について自民党県連は、現職の佐田玄一郎さんが週刊誌で女性問題を報じられたことなどを受けて昨春、佐田さんに替わる推薦公認候補の選考会を実施。康隆さんも候補の一人として検討した結果、現職の尾身朝子さん=比例北関東=に決定した。党県連は尾身さんを党本部へ推薦する方針だ。だが、佐田さんは反発しており、現職として引き続き公認での立候補を目指して準備を進めている。

 康隆さんは昨春の党県連の決定について「一年半の月日が流れ、状況も変わった。公示日前までは公認を諦めずに準備する」と強調。その上で、公認が得られなくても「不退転の覚悟で挑む」と述べた。

 康隆さんの出馬表明に自民党県連の狩野浩志幹事長は「困惑している。公正な手続きで選考会を行った結果であり、(尾身さんを推薦する)既定路線の変更は難しい。粛々と進めるしかない」と語った。一方、佐田さんの後援会事務所(前橋市)では「他陣営のことを言う立場にはない。これまで通り、現職として党公認を目指す姿勢に変わりはない。時間がないのでフル回転で準備を急ぐ」としている。

 群馬1区では民進党現職の宮崎岳志さん=比例北関東=と、共産党新人の店橋世津子さんも立候補の準備を進めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報