東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

社民党の高橋さん 5区に出馬表明

 社民党県連は二十七日、県庁で記者会見し、十月十日公示、同二十二日投開票予定の衆院選群馬5区に、新人で県連副代表の高橋宣之さん(63)が立候補すると発表した。近く同党の公認を受け、民進党から推薦を受ける見通し。

 高橋さんは明治大政治経済学部を卒業後、渋川市役所へ入り、市職員労働組合執行委員長、自治労県本部書記次長などを務めた。

 高橋さんは「強行採決を繰り返す安倍政治の暴走が許せず、なんとかしたい。消費税率の引き上げは貧困が拡大し、子どもたちの未来が壊されるので反対」と主張した。

 5区では、自民党現職の小渕優子さん(43)、共産党新人の伊藤達也さん(34)が出馬する予定。高橋さんと伊藤さんの一本化による野党共闘を模索する動きもある。 (菅原洋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報