東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

民進県総支部と連合群馬 選挙態勢など協議

 次期衆院選に向けて、民進党県総支部と労働団体「連合群馬」は二十七日、合同選対会議を開き、選挙態勢などについて協議した。

 党県総支部によると、衆院選では、これまでも各選挙区単位の選対で連携して取り組んでいるが、今回初めて県組織同士で合同選対を発足した。県レベルで共闘態勢を固めることで、各選挙区の地域の労働団体や連合の推薦議員らとの連携強化を図る狙い。

 会議には群馬1区から出馬する現職の宮崎岳志さん(47)=比例北関東=と、3区の新人長谷川嘉一さん(64)、4区の新人不破弘樹さん(51)も出席し、選挙区内の情勢や今後の活動などについて話し合った。党県総支部幹事長の後藤克己県議は「しっかりと連携して態勢固めを急ぎたい」と話した。

 民進党公認では2区で、党県総支部とは別組織の党県第2区総支部として現職の石関貴史さん(45)=比例北関東=が立候補する予定。5区については、二十七日に立候補を表明した社民党新人の高橋宣之さんを推薦する見通し。 (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報