東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

月夜野でお月見楽しもう みなかみ町大峰山嶽林寺 来月4日に指月会

過去の指月会での月と、キャンドルで明るく浮かび上がる鐘楼=みなかみ町で

写真

 中秋の名月にあたる十月四日、みなかみ町月夜野の「大峰山 嶽林寺」で「月夜野のお月見 指月会(しげつかい)」が開かれる。町観光協会月夜野地区会の「月夜野蛍月会」が主催する。

 指月会は中秋の名月の夜に、月夜野地区の観光関係者とみなかみキャンドルナイト実行委員会メンバーらが協力して実施する月見の行事。今年で九回目となる。担当者は「月夜野という地名にたがわず美しい月が眺められます」とPRする。月夜野の月は、夜景観光を推進する団体「夜景観光コンベンション・ビューロー」の「日本百名月」に認定されている。

 指月会では、境内に約千個のキャンドルが灯(とも)され、抹茶が供される。篠(しの)笛と琵琶の演奏も楽しむことができる。

 また、限定百個のお月見団子やみなかみ産のブランドコシヒカリ「水月夜(みなづきよ)」のおにぎり、パン、コーヒーなどを販売する。

 午後五時〜八時四十五分で、参加費は二千円。定員百五十人。問い合わせやチケットの受け付けは、町観光協会=電0278(62)0401=へ。 (竹島勇)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報