東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

統一候補擁立申し入れ 3市民団体、野党3党に

 衆院選に向け、憲法九条改憲に反対する市民団体三団体が二十九日、民進、共産、社民の野党三党の県組織に統一候補者擁立を申し入れた。

 要請したのは、市民団体や労組などでつくる「戦争をさせない1000人委員会・群馬」や「ぐんま市民連合 へいわの風」など三団体。

 三団体はこれまで改憲反対などを訴える集会やパレードなどの市民運動を展開してきた。

 1000人委員会・群馬共同代表の角田義一弁護士は「民進党が希望の党へ合流することで困惑はあるが、群馬ではこれまで三党が協議して培ってきたことがある。憲法改悪を許さず、安倍晋三首相をやめさせるために群馬では共闘してほしい」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報