東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

秋季関東地区高校野球県大会 関学大付、健大高崎が延長制し関東切符

藤岡中央−関学大付 11回裏1死満塁、サヨナラの適時打を放ちこぶしを突き上げて走る岡本京志郎選手=桐生球場で

写真

 秋季関東地区高校野球県大会は三十日、桐生市の桐生球場で準決勝の2試合があり、関学大付が藤岡中央を5−4で、健大高崎が桐生第一を7−4でそれぞれ延長戦の末破り、今月二十一日に神奈川県で開幕する関東大会への出場を決めた。決勝は一日午前十時から桐生球場で行われる。 (原田晋也)

 関学大付は七回まで3安打無得点に抑えられたが、4点を追う八回、来須悠人選手の2点二塁打を皮切りに連続安打で同点に。延長十一回は岡本京志郎選手の中前適時打でサヨナラ勝ちを決めた。八回から登板した柴田海斗投手は粘りの投球で3回を1安打に抑え、反撃を許さなかった。

 藤岡中央は三回、馬淵大輔選手のスクイズで1点を先取。八回には鈴木優典選手の中越え三塁打などでリードを広げたが、競り負けた。

健大高崎−桐生第一 12回表2死三塁、大柿廉太郎選手の適時打で生還する大越弘太郎選手

写真

 この日の第2試合。健大高崎は初回に犠打で1点を先制し八回にも3点を加えリードを広げた。延長十二回には大柿廉太郎主将や藤原寛大選手の適時打で3点を勝ち越し、突き放した。

 桐生第一は九回、伊藤一晟選手が走者2人を返す右越え本塁打を放つなど後半に追い上げを見せたが、反撃はそこまでだった。

 関学大付の羽鳥達郎監督は「点差が苦しかったが、逆に相手に隙が生まれ、選手たちは開き直って結果的に力を発揮できた。継投の柴田(投手)もよく投げてくれた」と語った。関学大付は25年ぶり3回目の関東大会出場となる。

 健大高崎は2年連続7回目の出場。青柳博文監督は「非常に苦しい戦いだった。九回、投手交代のタイミングの采配ミスで点を奪われたが選手がカバーしてくれた」と振り返り「ここのところ準優勝が続いているので優勝したい」と意気込みを語った。

 ▽準決勝

藤岡中央

00100003000|4

00000004001x|5

関学大付

 (延長十一回)

(藤)門馬−鈴木

(関)福田、柴田−来須

健大高崎

100000030003|7

000000004000|4

桐生第一

 (延長十二回)

(健)吉田、藤原−大柿

(桐)本木、杉山、高橋翼−伊藤

本塁打 伊藤(桐)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報