東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<衆院選>5小選挙区に17陣営 県庁で立候補予定者説明会

立候補を予定する17陣営の関係者らが出席した説明会=県庁で

写真

 県選挙管理委員会は一日、衆院選(十日公示、二十二日投開票)の立候補予定者説明会を県庁で開いた。県内の五小選挙区に出馬表明などをしている十七陣営の関係者らが出席した。

 選挙区ごとにみると、群馬1区は五陣営、2〜5区はそれぞれ三陣営。

 各選挙区別(受け付け順)では、1区は、新人の店橋世津子さん(共産)、新人の中曽根康隆さん(予定党派記載なし)、前職の尾身朝子さん(自民)、前職の宮崎岳志さん(予定党派記載なし)、前職の佐田玄一郎さん(同)。

 2区は新人の長谷田直之さん(共産)、前職の井野俊郎さん(自民)、前職の石関貴史さん(予定党派記載なし)。3区は新人の渋沢哲男さん(共産)、前職の笹川博義さん(自民)、新人の長谷川嘉一さん(予定党派記載なし)。

 4区は新人の萩原貞夫さん(共産)、新人の不破弘樹さん(民進)、前職の福田達夫さん(自民)。5区は新人の高橋宣之さん(社民)、新人の伊藤達也さん(共産)、前職の小渕優子さん(自民)。

 出席者の申告に基づく党派別では、自民が五陣営、民進が一陣営、共産が五陣営、社民が一陣営、予定党派の記載なしが五陣営。

 1区では、自民の公認から漏れた中曽根さん、佐田さんが党派を記載しないで出席。新党「希望の党」への合流で揺れる民進党は、立候補予定の四人全員が希望の党へ公認申請する方針だが、説明会では1区の宮崎さん、2区の石関さん、3区の長谷川さんの三人が党派の記載なしで、4区の不破さんは民進とした。 (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報