東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

「安倍政権を倒す意気込みでいく」 4区の希望・不破さん

 希望の党から公認を受けた4区の新人不破弘樹さん(51)は四日、高崎市役所で記者会見し「今の政権を代えないとみなさんが幸せにならない。安倍政権を倒す意気込みでいきたい」と抱負を述べた。

 不破さんによると、二日夜、安倍政権を倒すために希望の党から出馬の意向をいったん固めた。ただ、三日朝になって、支援労組との関係や選挙区で勝つために希望の党か立憲民主党かで悩み、政策協定書の提出期限を待ってもらったという。公認申請後も、関係者から希望の党への公認を考え直すよう求める声も届いたという。

 不破さんは「希望の党から出ることに今は迷いは全然ない」と述べた。

 4区には自民前職の福田達夫さん(50)、共産新人の萩原貞夫さん(68)が立候補を予定している。 (大沢令)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報