東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

「スピード感必要」 猪口さんが会見

 衆院選の群馬5区で新党「希望の党」から公認された新人で医師の猪口幸子さん(61)が五日夕、県庁で記者会見した。

 猪口さんは埼玉県秩父市出身で、山形大医学部卒。東京都葛飾区で医院の院長を務めている。群馬県内にゆかりはないという。

 猪口さんは「シャープや東芝は国際競争に遅れたと思うが、医療機器の承認などもスピード感が必要だ」と訴えた。

 群馬5区では、自民党前職の小渕優子さん(43)、共産党新人で党県委員の伊藤達也さん(34)、社民党新人で県連副代表の高橋宣之さん(63)が出馬する予定。 (菅原洋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by