東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

16ミリフィルム映画の魅力を 県内の貴重な記録 前橋で25日上映会

「日本刀〜人間国宝大隅俊平のわざ〜」

写真

 16ミリフィルムで撮影された県内の貴重な記録映画の上映会が二十五日午後一時半から前橋市のベイシア文化ホールで開かれる。

 県教育文化事業団(群馬県民会館)の主催。担当者は「今日ではデジタル方式の映画が主流となってきていますが、この機会にぜひ16ミリフィルム映画の魅力をお楽しみください」とPRする。

 上映されるのは刀匠の仕事ぶりを伝える「日本刀〜人間国宝 大隅俊平のわざ〜」(二十八分 企画・県教育委員会 製作・毎日映画社、一九九九年)、生糸や織物に関する施設などを紹介する「群馬の近代化遺産〜シルク・カントリー〜」(二十八分 企画・県教委 製作・読売映画社、九九年)、各地のトンネルを撮影した「群馬のトンネル」(二十八分 企画・県教委 製作・毎日映画社、九六年)の三本。

 全席自由で入場無料。事前の申し込みは不要。未就学児は入場できない。問い合わせはベイシア文化ホール=電027(232)1111=へ。(竹島勇)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報