東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<衆院選>1区候補者第一声 (上から届け出順)

 自民党が公認問題で揺れ分裂選挙の可能性があった1区。公示直前に党の調整もあり一本化したが、野党は「世襲議員の縄張り争い。こうした体質こそが問題」と批判を強める。1区に焦点を当て、県都の前橋市で候補者の第一声を聞いた。

◆閉塞感の打破訴え 宮崎岳志さん(希望)

 希望の前職宮崎岳志さんは前橋市の神社境内で第一声。民進党分裂の経緯を説明した上で「今回は安倍総理を倒す選挙。その役割を果たせるのは希望の党しかない」と声を張り上げた。

 国会で加計(かけ)学園疑惑を追及した実績を強調し、議員の「世襲」などを批判。国公立大の授業料無償化などを掲げて閉塞(へいそく)感の打破を訴え、「誰もが公平にチャンスがある国を目指す」と主張した。 (石井宏昌)

◆1区公認 責任実感 尾身朝子さん(自民)

 自民前職の尾身朝子さんは午前九時すぎ、県庁前で「県都前橋を含む1区で自民公認で立候補できるのは大変名誉であり、その責任の重さを実感している」と冒頭に述べ、1区の公認を巡る問題を振り返った。

 希望の党を念頭に「政治家に大切なのは信頼。安保法制と憲法改正に反対と言っていた人が突然、賛成に回るとは有権者の理解を得られるとは到底思えない」と批判した。 (菅原洋)

◆「森友・加計」徹底究明 店橋世津子さん(共産)

 共産新人の店橋世津子さんは正午すぎ、県庁前で「(与党は)憲法破壊、民意無視の政治をして、臨時国会の冒頭で解散するとは、あまりにもおごっている」と指摘した。

 森友・加計学園問題に触れ「市民と野党で安倍夫人や加計氏を国会に招き、白日の下にさらして徹底究明したい」と主張。安保法制の廃止、原発の再稼働反対、消費税率の引き上げ反対も訴えた。 (菅原洋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by