東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

5分科会の参加者募集 全国商議所観光振興大会 来月9日から前橋で

 各地から中小企業の経営者ら約千八百人が参集する「全国商工会議所観光振興大会2017in前橋」(前橋商工会議所など主催)が十一月九〜十一日、前橋市内を中心に開催される。大会は今年で十四回を迎え、県内で開くのは初めて。前橋商議所は、九日に開く五つの分科会への参加者を募っている。

 大会は二〇〇四年に始まり、神戸、京都両市などの観光都市で開かれてきた。前橋商議所が本年度に創立百二十周年を迎えるのに合わせて誘致した。

 分科会は九日午後二〜四時に開かれ、「ものづくり」「歴史・文化」「若いエネルギー」「心身のリフレッシュ」「観光事業」の五テーマで、県内を中心にした有識者や企業関係者ら各四人が意見交換などをする予定。

 前橋商議所の大会推進室は「富岡製糸場などの世界遺産効果が一段落する中、次の展開などを考えたい」と来場を呼び掛けている。

 分科会の一般参加は無料。定員は各約百人で、先着順に受け付ける。申込期限は今月二十七日。問い合わせは前橋商議所=電027(234)5111=へ。 (菅原洋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報