東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

まるで絵の具箱 ダリア咲き競う 安中市の観光農園

咲き競うダリアの花=安中市で

写真

 安中市中後閑の観光農園「アイリスの丘」でダリアの花が最盛期を迎え、絵の具箱を広げたような豊富なカラーバリエーションとさまざまな花形で、訪れた来園者らを楽しませている。

 同園では約五百種四千株のダリアが、園内の約一ヘクタールで栽培されている。真ん丸なボール・ポンポン咲きのほか、舟型の長い花弁のデコラ、花弁の先がとがったオーキッドなど、多色多型の花が咲き競う。

 赤地に白色が入るウワキゴコロや、白花のふちがピンクのイロオトコなど、変わった名を持つ品種もあり、来園者を和ませる。

 同園の宮下忠代表は「一番の見ごろは今月末ごろまで」と話す。入園料は大人五百円(中学生まで無料)。問い合わせは、宮下代表=電090(1465)9873=へ。 (樋口聡)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報