東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<衆院選>比例復活で初当選 3区・立民の長谷川さん

 衆院選で県内で唯一、野党共闘が実現した3区で、自民の笹川博義さんと一騎打ちした立憲民主の長谷川嘉一さんは、小選挙区では敗れたが比例復活で初当選を果たした。

 二十二日夜、長谷川さんは、太田市の選挙事務所で支持者と握手して喜びを分かち合った。「安倍首相の暴走を止め、あまりにも脆弱(ぜいじゃく)な社会福祉をしっかりとやっていきたい」と決意表明した。

 当初は民進党から出馬予定で、一時は希望の党への合流を決めていたが、政策面で折り合いがつかず立憲民主から出馬した。

 今回、共産が候補を取り下げ、自主的に長谷川さんを応援。長谷川さんは「理念と政策が一致すれば、お互いに理解し合い是々非々でやっていく」と語った。

 比例代表単独で立憲民主から出馬して当選した堀越啓仁さんも長谷川さんの事務所で開票を見守り、喜びを爆発させた。「今は社会的弱者が簡単に切り捨てられる社会。政治の責任はすごく大きい」と決意を新たにしていた。堀越さんは昨年の参院選に野党統一候補として民進から出馬し落選している。 (原田晋也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報