東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

児童ら人形浄瑠璃に挑戦 安中小で伝統芸能教室

人形に触れる児童ら=安中市で

写真

 「小中学校伝統芸能教室」が安中市立安中小学校であり、四年生の児童九十二人が、同市の重要無形文化財に指定されている八城人形浄瑠璃城若座について学習した。

 児童らは、座員から八城人形浄瑠璃の由来や人形の構造、操作方法を学んだ後、三組二十一人の児童が「傾城(けいせい)阿波の鳴門 巡礼歌の段」を実演。三人遣いの人形操作や義太夫に挑戦した。

 座員による上演も行われ、児童らは太夫が使う床本と解説文を見ながら、黒子の人形操作を注意深く見守っていた。(樋口聡)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報