東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

群大・前橋市など路線バスで自動運転実験 来年11月全国初

 群馬大、前橋市、市が運行委託している日本中央バスは二十五日、運転手が乗った自動運転による路線バスの実証実験を、市内のJR前橋駅から上毛電鉄中央前橋駅間で来年十一月から不定期に始めると発表した。群大によると、自動運転実験は県内外で始まっているが、バスの営業運転では全国初めてという。

 高齢化社会の進行でバスの重要性が高まっている一方で運転手不足が深刻化しており、自動運転によって対応するのが狙い。

 三者によると、群大はまず今年十一月から、自動運転用の普通乗用車で両駅間の約一キロを走行し、別の実験で蓄積したデータがこのルートでどこまで応用できるかなどを調べる。

 来年二月からは、群大が購入する実験用バス(定員約四十人)を日本中央バスの運転手に運転してもらい、乗客を乗せてルート周辺の状況などのデータを収集する。この段階では自動運転は実施しない。

 同四月からは、実験用バスに群大のスタッフが運転席に座り、自動運転させながら収集したデータをシステムとして構築する。この段階では乗客は乗せない。

 同十一月から約五カ月間は、実験用バスに同社の運転手が運転席に座り、乗客を乗せて自動運転させる。

 実験は安全性の確保を最優先とし、自動運転中も訓練を積んだドライバーがハンドルに両手を添え、群大のスタッフが極力近くに同乗する。車両には「実験用」とのステッカーを貼る。

 前橋市役所で記者会見した群大次世代モビリティ社会実装研究センターの小木津(おぎつ)武樹副センター長は「将来的には(運転手がいないなどの)完全な自動運転に発展させたい」と意欲を見せた。 (菅原洋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報