東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<風船爆弾の記憶>(2)黒い火薬 「なめたら甘かった」

当時を振り返る川野さん=東京都江東区で

写真

 「巨大な風船をつくり、火薬を入れた袋をぶら下げて飛ばす」。高崎市にあった東京第二陸軍造兵廠(しょう)岩鼻製造所。県立高崎高等女学校(高崎高女、現高崎女子高)の当時三年生だった川野堂子さん(87)=東京都江東区=は将校からこんな説明を受けた。「成功すればすごい兵器なんだよ」。そんなつぶやきも耳にした。

 川野さんが上級生と四、五人で、学校工場で風船爆弾を作るために講習を受けに行った時のことだ。

 学校で、風船爆弾を作る作業が始まった。重ね合わせた和紙を型紙に合わせて裁断し、気球の下三分の一を仕上げた。川野さんは講堂で球にまとめる天頂の部分をこんにゃく糊(のり)で貼り合わせた。「もっとしっかりやらないと球にならない。裂けないようにしっかりやれ」。そう叱られた記憶もある。講堂の隅に仕上げたものを置いておくと、翌朝にはなかった。「岩鼻製造所に運ばれたのだろうか」と思っていた。

 火薬を詰めたり、羽二重でドーナツ形をした袋の縫い目にシンナー系の接着剤を塗ったりもした。詰めたものは黒い粒子状で、なめたら甘かったという。

 風船爆弾の研究主任だった草場季喜陸軍少将は、自身の論文「風船爆弾による米本土攻撃」で「火薬、火具類は東二造(東京第二陸軍造兵廠)で製造された」と証言。一九四五年ごろの岩鼻製造所について、ハルビン師範大専任講師の菊池実さん(62)は「火薬原料の調達は非常に困難になっており、本土決戦の方針で完全防空工場への地下移設が進み、本来の火薬生産は大幅に減っていた。こうした状況下で、学徒の手を借りて風船爆弾の製造にかかわるようになったのでは」と推測する。

 高崎高女ではこんにゃく糊の製造から和紙の貼り合わせ、気球の成形までの風船爆弾作りの工程が一貫して行われた。明治大平和教育登戸研究所資料館(川崎市)特別嘱託学芸員の塚本百合子さんによると、造兵廠では空気を入れ、気体漏れがないか最終確認を行う満球テストを含めてすべての工程が行われたが、分工場だった高崎高女のような例はあまり見られないという。 

 塚本さんは「生徒たちが学校で全員で作業をしていたという点も、ほかとは異なる特徴」と指摘する。

 終戦が迫った高崎市内を空襲が襲った。川野さんは榛名の農家に母と避難していて、米軍機の機銃掃射に遭った。田んぼの中をはいずるようにして逃げた。

 米軍機の爆撃で、高崎高女は校舎や講堂が被害を受けた。「当時、女生徒が学校工場で風船爆弾を製造していた高等女学校では、岩鼻火薬製造所から運ばれていた火薬が誘爆を起こした」(新編高崎市史・通史編4)との記述もある。

 風船爆弾を製造するため一九四四年、校庭に新たな校舎が建設されていた。米軍が軍需工場とみて攻撃目標とした可能性もある。川野さんは「米軍は学校が工場だと知って狙ったのだと思う。もし学校にいたら命はなかった」と話す。

 終戦の日の翌八月十六日は校庭で和紙の貼り合わせに使った作業台などを泣きながら焼いたという。

 草場陸軍少将は「気球の成型の作業には、全国の女学生が動員されてこれにあたった。彼女らの真剣な働きはみるものをして襟を正さしめるものがあった」と書き残している。

 米国オレゴン州で、ピクニックしていた子どもを含む六人が風船爆弾に触れて死亡していたことは戦後知った。「(戦争に)加担してしまった」と川野さん。「いいも悪いもなく、言われた通りにしないと戦犯にされた時代だった。国民は将棋のコマに使われた。それが戦争だった」

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報