東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

県が防災サイト開設 気象、地震情報迅速に

 県は災害時の避難勧告・指示や気象情報、警報発令などの情報を閲覧できる防災ポータルサイトをインターネット上に開設した。併せて、こうした情報が発表された際に知らせる防災ツイッターの運用も始めた。

 県が八月から運用を始めた総合防災情報システムと連携し、県内の市町村などで発信された避難に関する情報などを迅速に県民に伝え、防災や減災に役立ててもらう。

 ポータルサイトでは気象の各種注意報や警報、土砂災害の警戒情報、地震の震度などのほか、避難勧告・指示、避難所情報を市町村単位で表示。災害対策本部の情報なども閲覧できる。ツイッターは、同様の情報が発表された際に自動的に短文で通知する。

 県によると、サイトは見やすくシンプルな画面構成とし、表示に必要なデータ量が少なくなるように配慮。大地震など大規模災害発生時にインターネット回線の使用が増え、速度が低下しても利用しやすくした。ツイッターは短文文字情報で通信データ量が少なく、大規模災害時でも受信しやすいのが特長。詳しい情報は短文からリンクする形式で閲覧してもらう。

 防災ポータルサイト(https://gunma.secure.force.com/)は県のホームページからもつながる。 (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報