東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

10地域のお年寄り親睦深める 新治地区いきいきサロン交流会

「北国の春」に合わせた音楽体操をする参加者=みなかみ町で

写真

 みなかみ町の旧新治地区の十地域でお年寄りが参加して親睦を深める「いきいきサロン」が一堂に会して交流する「新治地区いきいきサロン交流会」が、同町入須川の奥平温泉「遊神館」で開かれ、約百三十人のお年寄りが楽しいひとときを過ごした。同実行委員会(持木進(のぼる)代表)が主催した。

 それぞれのサロンの参加者が、親交を深める機会を持とうと開催された。

 参加者は、まず、おなじみの歌謡曲「北国の春」に合わせた音楽体操で体をほぐした。その後、沼田市の小池誠一さんの尺八演奏に合わせて歌ったり、上州落語研究会員の落語を堪能。昼食後に温泉に入って楽しむ人もいた。

 同町布施で「布施宿いきいきサロン」を主宰する持木さんは「他のサロンの皆さんとともに楽しんでもらいたいと企画しました」と話した。

 同町羽場から参加した本多徳江さん(86)は「サロンに行ってみんなとおしゃべりするのが楽しみ。今日はここまで連れてきてもらい、知っている人に会えるかなと思って来ました」と楽しそうに話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報