東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

400鉢を市民ら堪能 安中・磯部温泉菊花大会

会員が丹精して育てた菊花が並ぶ会場=安中市で

写真

 「第52回安中市磯部温泉菊花大会」が同温泉内の磯部公園特設会場で開かれ、大輪の菊花が訪れた温泉宿泊客や市民らを楽しませている。開場は午前8時〜午後6時。20日まで。

 会場には、安中菊花会の会員が丹精して育てた盆養厚物、管物、厚走り、懸崖、古典菊など約400鉢が展示されている。同会の須藤今朝男会長らは「2回の台風の強風で倒されてしまい出品できない会員もいる。皆大変だった」と話す。同温泉の各旅館やホテル、JR磯部駅などでも約80鉢を展示している。

 東京新聞賞には、市内の須藤会長(盆養厚物)、高崎市の石坂登さん(盆養管物・だるま作り)の2人が選ばれた。 (樋口聡)

 その他の主な入賞者は次の通り(敬称略)。

 ▽農林水産大臣賞 須藤今朝男(安中市)▽県知事賞 中島弘徳(同)▽安中市観光機構理事長賞 須藤今朝男(同)▽県議会議長賞 石坂登(高崎市)▽安中市議会議長賞 竹本茂(安中市) 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報