東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

改憲の問題点考えよう 前橋で23日講演会

 改憲の問題点を考える講演会「憲法改正で平和を守れるのか」(群馬弁護士会主催)が二十三日、前橋市日吉町の市総合福祉会館で開かれる。入場無料。

 午後二時半ごろから、評論家の佐高信さんが「戦争で得たものは憲法だけだ」と題して講演し、護憲の大切さなどを訴える予定。

 それに先立ち、同零時二十五分ごろから講談師の神田香織さんが日米安保問題を題材にした「哀(かな)しみの母子像」との演題で講談を披露。同一時二十分ごろから歌手の小室等さん、こむろゆいさんの親子がコンサートを開く。

 同弁護士会・憲法問題特別委員会の下山順委員長は「国会で改憲に向けた動きが強まる中、国民投票が必要になった場合に市民が十分に判断できるように企画した」と話している。

 事前申し込みは不要。先着順で定員の五百人まで入場できる。問い合わせは同弁護士会=電027(233)4804=へ。 (菅原洋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】