東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

「ぐんまちゃん家」引っ越しへ 来年度 同じ銀座の周辺地

東京・銀座の現在地近くに移転が決まった「ぐんまちゃん家」(県提供)

写真

 東京・銀座にあるぐんま総合情報センター「ぐんまちゃん家(ち)」が来年度、現在の歌舞伎座近くから、同じ銀座の周辺地に移転することになった。県は移転先の賃貸契約や内装工事の費用計一億二千六百万円を計上した補正予算案を二十七日開会の県議会本会議に提出する。

 現在のぐんまちゃん家はビルの一、二階にある。県は本年度末の賃貸契約満了に伴い、建物所有者と交渉していたが、所有者が飲食店など別用途での使用を考えていることから移転先を探していた。

 移転先は現在地から数百メートル離れた複合型商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」近くのビルの一、二階になる予定。計四百四十三平方メートルで、現在より30%ほど広くなる。賃料は月額約五百八十万円で、現在の約六百五十四万円より安くなるという。移転開設は内装工事後になり現在調整中。

 補正予算案では、ぐんまちゃん家の来年度から五年間の建物賃貸契約料として三億五千二百万円の債務負担行為も盛り込んだ。

 ぐんまちゃん家は二〇〇八年度にオープンし、県の特産物の販売や観光案内、県のPR、イベント開催、移住・定住・就職相談などを行っている。一六年度は三十六万五千七百四十八人が来場し、一億六千百四十万円の売り上げがあった。 (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報