東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

366人が安中市民ウォークラリー 4時間 地域の歴史に触れ

スタートする参加者=安中市で

写真

 「安中市民ウォークラリー」が、同市岩野谷公民館を発着点とする約十キロの周回コースであり、市民ら八十六組三百六十六人が参加した。

 同ラリーは、市子ども会育成連合会が毎年、開催地区を変えて開催。コース途上の十七のチェックポイント(CP)で出題される地区にちなんだ設問に回答しながら地区の文化財や施設などを訪ねるもので、健康づくりとともに安中再発見をしてもらうのが狙い。

 参加者はスタート時に渡される図を頼りにコースを巡った。それぞれCPが置かれた、木造彫刻で知られる長伝寺、和算家の小野栄重の墓がある南窓寺、皇女和宮が降嫁の際に宿泊した板鼻本陣などを巡り、地域の歴史に触れながら約四時間のウォークを楽しんだ。

  (樋口聡)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報