東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

秋色に染まる金龍寺 紅葉が見ごろ

見事に色づいたヤマモミジ=太田市で

写真

 新田義貞の供養塔があることでも知られる太田市の古刹(こさつ)、金龍寺の紅葉が見ごろになっている。

 ふだんは静寂に包まれているが、この時季になると晩秋の美を一目見ようと訪れる人が多い。

 一葉一葉が晩秋の陽(ひ)を照り返したり透かしたりして見事な色合いに染まっている。

 カンバスに赤やオレンジの葉を写生する初老の男性や、70段あまりの石段を上り切り、視界いっぱいに広がるヤマモミジに「オー、ビューティフル」と声をあげてカメラを向けた外国人女性がいた。「昼間もいいけど夜もいいよ」と、ほぼ毎日散歩しているというお年寄りが教えてくれた。

 日が暮れるとライトアップされている。寺は「紅葉が美しい今週末ぐらいまで続けるつもり」という。 (粕川康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報