東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

七日市黒川が総合・地区V 富岡市一周駅伝競走大会

もみじ平総合公園陸上競技場をスタートする第1走者=富岡市で

写真

 「第十二回富岡市一周駅伝競走大会」が、もみじ平総合公園陸上競技場を発着点とする市内十一地区を回る八区間四二・一九五キロの周回コースであった。市内地区対抗、市内職域一般、オープンの各クラスに二十九チーム、監督、選手、補員合わせて約四百人が参加した。

 総合、地区対抗で昨年まで二連覇している富岡地区の大塚叶登(かなと)選手(16)が「地域の期待を背負って走れることに感謝し、全力で走る」と選手宣誓。岩井賢太郎市長の号砲でスタートし、沿道の市民らの声援を受けながら選手たちが力走した。

 七日市黒川が総合、地区対抗をともに制し、富岡地区の三連覇をはばんだ。 (樋口聡)

 結果は次の通り。

 ▼総合(1)七日市黒川(2)しののめ信用金庫駅伝部(3)新富岡高校▼地区(1)七日市黒川(2)一ノ宮(3)東富岡▼一般(1)しののめ信用金庫駅伝部(2)新富岡高校(3)富岡市役所A▼オープン(1)若松屋RC(2)ミツバRC(3)安中ゆっくり走ろう会▼区間賞▽一区 今井香花(富岡A)▽二区 高山直樹(しののめ信用金庫駅伝部)▽三区 強矢愛斗(一ノ宮)▽四区 塩山敢太(同)▽五区 吉田智史(七日市黒川)▽六区 今井大翔(新富岡高校)▽七区 内山喜宝(一ノ宮)▽八区 斎藤晴紀(額部)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報