東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

朝鮮学校補助金中止の請願採択 県議会常任委で賛成多数

 県議会総務企画常任委員会は八日、拉致被害者・家族の支援組織「救う会・群馬」から提出されていた「朝鮮学校に関わる補助金の中止を求める請願」を賛成多数で採択した。

 請願では、県の朝鮮学校に関わる補助金の支出中止と、関係自治体へ補助金支出中止を求めることを要請している。昨年五月に提出され、継続審査となっていた。八日の委員会では民進党系会派のリベラル群馬、公明、共産の計三人を除き、自民の賛成多数で採択された。議会最終日の十五日に委員長報告される。

 朝鮮学校の補助金支出について、県は二〇一六年に教育内容と管理運営状況の調査を実施。「不交付にするまでの反日的な状況は見られなかった」として、群馬朝鮮初中級学校(前橋市)に同年度分の補助金約二百四十二万円を支給した。しかし一七年度は、同校の教科書に拉致問題を記載することや在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と関係がないことを明確にすることを支給条件に挙げ、予算計上を見送っている。 (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報