東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<師走2017ぐんま>仮装で歩き宝探し コンテストも実施 渋川の商店街

昨年の仮装の様子

写真

 渋川市で十六日、宝探しや仮装を楽しみながら商店街を歩くイベント「〜ひと足早いクリスマス〜さがせ秘宝! 仮装deまち歩き2017」が開かれる。

 同市の中心市街地活性化の企画として昨年、市中心市街地まちづくり市民サポーターのメンバーと高崎経済大学の学生が初めて実施。二回目の今年は「渋川まちなかイルミネーション」(来年一月三十一日までの予定で実施中)の実行委員会と同大の学生の企画として開催される。実行委の担当者は「宝探しや仮装とイルミネーションを楽しんでほしい」と参加を呼び掛けている。

 会場は渋川駅前広場と駅前通り商店街。当日は、謎解きをしながら宝箱が隠された商店街(十店参加)の店を訪れると「宝」がもらえるという。また、宝探し参加者は抽選会に参加できる。

 また、クリスマスにちなんだ仮装で宝探しに参加した人を対象に、仮装コンテストも実施する。

 参加は誰でもできるが、小学生以下は保護者の同伴が必要。宝探しは仮装していなくても参加できる。

 集合場所の渋川駅前広場で午後三時四十五分から受け付け、四時開始。参加は無料。希望者は直接、集合場所へ。問い合わせはイルミネーション実行委事務局=電0279(23)8066へ。 (竹島勇)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報