東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

高崎映画祭 最優秀作品賞に「エルネスト」

阪本順治監督

写真

 高崎映画祭委員会は、三十二回目を迎える映画祭の最優秀作品賞に、阪本順治監督とスタッフ・キャスト一同の「エルネスト」を選び、二十日発表した。各賞の授賞式は来年三月二十五日午後四時から、高崎市高松町の群馬音楽センターで開かれる。 (大沢令)

 受賞作は七作品。昨年十二月中旬から今年十一月末までに国内で劇場公開された約四百本の邦画から、十一部門で監督や俳優ら十三の個人・団体を選んだ。

 最優秀作品賞の「エルネスト」は、キューバ革命の英雄エルネスト・チェ・ゲバラとともにボリビア戦線で戦った日系ボリビア人の半生を描いた作品。主演はオダギリジョーさん。

 最優秀監督賞には「海辺のリア」の小林政広監督と、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の石井裕也監督を選んだ。最優秀主演女優賞は満島ひかりさん(海辺の生と死)、最優秀主演男優賞は仲代達矢さん(海辺のリア)に決まった。最優秀助演女優賞は黒木華さん(同)らに贈られる。

 映画祭の全ラインアップは二月上旬に発表予定。映画祭のプロデューサーで、本紙県版の連載「そふとフォーカス」を執筆中の志尾睦子さんは「映画に未来や希望が持てるような作品を選定して多くの方にお届けしたい」と述べた。

 映画祭は三月二十四日から四月八日まで、市文化会館や高崎シティギャラリーなどを会場に開催される。チケットの販売方法などは二月上旬に発表される。

 ◇ 

 受賞者は次の皆さん(敬称略)

 最優秀作品賞 「エルネスト」阪本順治監督とスタッフ・キャスト一同▽最優秀監督賞 小林政広(海辺のリア)、石井裕也(映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ)▽最優秀主演女優賞 満島ひかり(海辺の生と死)▽最優秀主演男優賞 仲代達矢(海辺のリア)▽最優秀助演女優賞 黒木華(同)、岩井堂聖子(真白の恋)▽最優秀助演男優賞 池松壮亮(映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ)▽最優秀新進女優賞 佐藤みゆき(真白の恋)▽最優秀新進男優賞 岡山天音(ポエトリーエンジェル)▽最優秀新人女優賞 石橋静河(映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ)▽新進監督グランプリ 坂本欣弘(真白の恋)▽ホリゾント賞 「人生フルーツ」伏原健之監督・製作スタッフ一同

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報