東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

手作りのステンドグラス風 いいね! 太田市立尾島図書館職員9人が手作り

手作りのステンドグラス風の飾りがされた窓=太田市で

写真

 太田市亀岡町の市立尾島図書館(高橋若葉館長)で、職員手作りの「やわらかな光に映える手作りステンドグラス風の展示」が来館者の目を引いている。今年初めて実施した。

 同館南側の窓に、9人の職員がカラフルなセロハンや紙を切り絵のように細工し、ステンドグラス風に切り貼りした。外は師走の寒さが厳しさを増しているが、館内には温かい色があふれ、別世界だ。

 飾られた窓は16面。中には手作りとは思えないほど精緻な作品もある。市販の材料で試行錯誤しながら2週間ほどで完成させた。図書館司書の金子久美子さんは「冬の定番のイルミネーションとは違う飾り付けを、ずっと考えていました」とうれしそうに話す。

 日が傾くにつれて夕日に透かされた絵柄や模様がゆらゆらとやさしく投影される様子は、まるで影絵のメルヘンの世界。高橋館長は「冬の尾島図書館もいいですよ」と来館を呼び掛けている。

 展示は来年1月25日まで。図書館は尾島行政センター西隣にある。問い合わせは同館=電0276(60)7288=へ。 (粕川康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報