東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<ぐんま2017回顧>子どもの安全 重い課題

1区で当選し、支援者と握手する尾身朝子さん(左)。その(右)は山本一太自民県連会長=前橋市で

写真

 10月には衆院選があった。自民の1区の候補者を巡り公示直前まで混乱があったが分裂は回避、結局3回連続で5小選挙区を自民が制した。11月には神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、被害者の1人が15歳の県内の県立高校の女子生徒と判明。12月には県立藤岡中央高校で陸上競技用のハンマーが当たり男子生徒が亡くなる事故が発生。事件と事故で若い命が失われたことで、子どもたちの安全確保という課題が浮上した。

【10月】

 4日 前橋市が不用のマンホールのふた10枚を1枚3000円で販売。県外を含め193人から応募があり当選者に引き渡された。

 10日 衆院選公示。県内5小選挙区に15人が立候補。自民系分裂の可能性があった1区は直前になって分裂が回避された。

 13日 高崎駅西口に大型商業施設「高崎オーパ」がオープン。

 20日 群馬、埼玉両県の系列総菜店の総菜を食べた人が腸管出血性大腸菌O157に感染し、都内の女児(3つ)が死亡した集団食中毒で、県は独自の衛生管理指針を策定した。

 22日 衆院選の投開票日。県内5小選挙区は3回連続となる自民独占。比例北関東で立憲民主が2議席獲得。自民の中曽根康弘元首相の孫、弘文元外相の長男の康隆さんが初当選。元職の上野宏史さんは自民から比例南関東に出馬し当選。1、2区から出馬した希望の党の前職2人は落選。

 25日 群馬大、前橋市、日本中央バスは、運転手が乗った自動運転による路線バスの実証実験を来年11月から始めると発表。

 31日 高崎市の古代石碑群「上野三碑(こうずけさんぴ)」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)

の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に決定。

【11月】

 8日 上野村で東邦航空(東京)のヘリコプターが墜落炎上し、乗務していた同社員4人が死亡した。

 10日 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、このうちの1人が県内の県立高校1年生の女子生徒(15)と判明した。

 24日 県教育委員会は、3月に栃木県那須町で登山講習中の高校生ら8人が死亡した雪崩事故を受け、公立高が冬山で基礎訓練する際の計画書を改定し安全対策を強化する方針を明らかにした。

【12月】

 3日 サッカーのザスパクサツ群馬のJ2からJ3への降格決まる。

 15日 県議会本会議は「朝鮮学校に関わる補助金の中止を求める請願」を採択、県立公園「群馬の森」の朝鮮人強制連行犠牲者追悼碑についての「設置期間更新を求める請願」を不採択とした。

 20日 藤岡市の県立藤岡中央高校グラウンドで、陸上競技用のハンマーが2年生男子生徒(17)に当たり、生徒が死亡する事故が発生した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報