東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

障害者用災害時の支援ボードを作成 前橋市 県内自治体初

障害者用の災害時コミュニケーション支援ボード=前橋市で

写真

 前橋市は災害時に聴覚などの障害者が周囲に助けを求めやすいように、イラストや文字を印刷した「コミュニケーション支援ボード」を県内の自治体で初めて作成した。市内の小中学校など指定避難所76カ所へ順次配備する。

 災害時は避難所が混乱し、聴覚障害者が筆談を使いにくい場合や、言語や知的などの障害者が意思を伝えにくい場合が懸念される。こうした場合に、支援ボードは障害者が迅速で気軽に、周囲と意思疎通ができるように企画した。

 サイズはA4判で、10ページ。カラー印刷した紙をラミネート加工した。最初と最後に、「はい」と「いいえ」、五十音や数字などを載せ、指し示しながら会話できる。外国人にも対応し、アルファベットを付けた。

 他のページには、イラスト付きで「熱がある」「食べたい」「寒い」「薬」などとさまざまな場面を想定した言葉を並べ、指し示すだけで伝達できる。

 市は昨年4月に手話言語条例を施行しており、支援ボードは条例に基づいて企画し、市自立支援協議会で作成した。

 市内の聴覚障害者は約1200人。同協議会の聴覚障害者は「災害が発生した際に避難所全てに手話通訳者は配置できない。この支援ボードは通訳者の代わりとして活用したい」と期待している。

 支援ボードに使用したデザインは、市のホームページから取得でき、障害者がプリントアウトして自ら用意することもできる。 (菅原洋)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報