東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

伝統食「おっきりこみ」 スタンプラリーでPR 県主催45店舗が参加

 県は伝統食「おっきりこみ」をPRするプロジェクトの一環となる「ぐんま おっきりこみ スタンプラリー」を始めた。おっきりこみを再評価し、県の名物料理として広めるのが狙い。参加店舗でおっきりこみを食べてスタンプを押して応募すると、県のマスコット「ぐんまちゃん」のグッズ詰め合わせなどが当たる抽選に参加できる。

 おっきりこみは幅広の生麺を野菜やきのこなどと煮込んだ料理。スタンプラリーに参加しているのは四十五店舗。三月三十一日までに参加店舗でおっきりこみ一食ごとにスタンプを一回押すことができる。

 八店舗では「第三回わが家のおっきりこみコンテスト」の入賞作品をアレンジして提供していて、このメニューを食べると、一食につきスタンプを二回押してもらえる。

 スタンプの応募用紙は県庁や県の行政事務所、参加店舗に置いてある。スタンプラリーの参加店舗リストや応募方法などの詳細は県のホームページにも掲載している。

 問い合わせは県広報課ぐんまイメージアップ推進室=電027(897)2695=へ。 (竹島勇)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報