東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

「全国」目指し12校競う 桐生で20、21日 関東高校演劇研究大会

高崎商科大学付属高の「8月5日(晴れ)」の一場面

写真

 「第五十三回関東高等学校演劇研究大会(北会場)」が二十日と二十一日に桐生市市民文化会館シルクホールで開かれる。全国大会への最終予選の位置づけで、演劇に取り組む高校生たちの熱演が展開される。 (樋口聡)

 桐生での関東大会には、関東甲信越十一都県の各大会で推薦を受けた代表校の内、北関東、信越と特別枠東京一校の計十二校が出場する。開催県の本県からは県大会最優秀賞に輝いた太田市立太田高校、優秀賞の高崎商科大学付属高校、地元の県立桐生高校の三校が出演する。

 この関東大会で最優秀賞に選ばれた一校は、八月七〜九日に長野県上田市交流文化芸術センターサントミューゼで開かれる、第四十二回全国高等学校総合文化祭演劇部門「全国高等学校演劇大会」に進む。同大会には、全国八ブロックから十二校が出場する。

 関東大会を主催する県高校文化連盟、県高校教育研究会演劇部会の担当者は「各校とも地区、県大会と稽古を重ね、演技に磨きをかけた充実した上演が期待できる。『お客さまあっての演劇』なので多くの人に各校の演技を見てほしい」と、来場を呼び掛けている。

 各校が上演を終えた二十一日午後五時十分から審査員による講評のほか表彰・閉会式がある。

 両日とも入場無料(事前の申し込み不要)で鑑賞できる。撮影はできない。問い合わせは、大会実行委員会の県立伊勢崎興陽高校の江原慎太郎さん=電0270(25)3266=へ。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報