東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

わ鉄 運転体験しませんか わ89形 トロッコわっしー号

実際の運転体験の様子

写真

 桐生市と栃木県日光市を結ぶ、わたらせ渓谷鉄道(わ鉄)は二月と三月に開催予定の気動車「わ89形」と「トロッコわっしー号」の運転体験の参加者を募集している。人気企画とあって、わ鉄ファンの裾野を広げようと、初参加者を優先して受け付ける回もある。(原田晋也)

 気動車はディーゼルエンジンなどを動力源にする鉄道車両の種類。運転体験は二〇一四年から年十回程度実施してきたが、新型車両のわっしー号の運転体験は本年度から始まった。

 当日は車両の仕組みや運転方法について講習を受けた後、大間々駅構内の約二百メートルを二往復運転できる。実際の制服や制帽も貸与されるほか、記念品としてわ鉄乗務員が使っている乗務員手帳が贈られる。

 参加費は昼食込みで一万円。中学生以上が対象で、保護者や配偶者など同伴者一人も三千五百円で同乗できる。

 わ89形の体験は二月十日(受け付け開始は一月二十三日)、三月十七日(同二月十三日)、三月二十四日(同二月二十日)にあり、トロッコわっしー号は二月二十四日(同二月六日)。午前十時から電話で先着順に受け付ける。定員は各回十四人。

 既に十回以上参加している熱心な鉄道ファンがいるなど人気があり、なかなか参加できないとの声があったため、わ89形の二月十日、三月十七日の体験は初参加者優先とした。空席があれば各受付開始日翌日から経験者も申し込むことができる。

 問い合わせと受け付けはわ鉄=電0277(73)2110=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報