東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

お気に入り招き猫 参拝者買い求める 安中の海雲寺で縁日

写真

 猫が手を上げ福を呼び込む「招き猫」ゆかりの寺として知られる安中市郷原の海雲寺(土屋裕之住職)で十八日、恒例の招福観音縁日が開かれ、参拝者が次々と縁起物の「招き猫」を買い求めにぎわった=写真。磯部温泉近くにある同寺は、招き猫で有名な東京都世田谷区の豪徳寺で先代住職が修行した縁で、招き猫の分身が「招福観音」としてまつられている。縁日で販売される招き猫は紙製の張り子でできているのが特徴。

 境内では同寺の世話人らが、約十五センチの小さなものから一メートル大の招き猫を販売。招き猫がまつられている招福殿を参拝した市民らが、大きさやお気に入りの顔つきの猫を品定めしていた。 (樋口聡)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報