東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

32チームが力走 下仁田町一周駅伝競走大会

本宿を駆け抜ける第1走者=下仁田町で

写真

 第五十四回下仁田町一周駅伝競走大会が二十一日、行われた。コースは姫街道と呼ばれた当時の雰囲気が残る宿場町「本宿」の町西牧分館前をスタートし、町内を巡って下仁田中学校をゴールとする七区間三〇・五キロ。

 大会には町内地区対抗、職域・クラブ、オープンの各クラスに三十二チームが参加した。

 同中で行われた開会式では、下仁田支部の黒沢玲選手(下仁田中三年)が「練習の成果を十分発揮し、仲間を信じ全力で走りきる」と力強く選手宣誓。各ランナーが沿道の町民らの声援を受け、チームのたすきをつないだ。 (樋口聡)

 結果は次の通り(敬称略)。

 ▽町内地区対抗(1)下仁田(2)馬山(3)青倉▽職域・クラブ(1)しののめ信用金庫(2)群馬県信用組合野球部(3)チームS▽オープン(1)中之条町陸上部(2)碓氷クラブ(3)黒川陸上協議会▽地区対抗区間賞(1)石井陽翔(馬山)(2)青木大也(西牧)(3)佐藤純(下仁田)(4)黒沢拓人(馬山)(5)内田智之(下仁田)(6)黒沢玲(同)(7)岡野真士(馬山)▽職域・クラブ区間賞(1)岡野光汰(チームS)(2)高山直樹(しののめ信用金庫)(3)植原知之(同)(4)内田篤史(同)(5)須藤貴紀(同)(6)都丸善生(同)(7)栗原崇(同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】