東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

草津白根山 噴出物は4万トン程度 気象庁「御嶽山より少ない」

 草津白根山の本白根山の噴火を受け、自治体関係者や火山学者らで構成する「草津白根山防災会議協議会」が五日開かれ、本白根山の噴出物が四万トン程度と見積もる調査結果を火山研究者が報告した。気象庁の宮村淳一火山対策官らが記者会見。草津白根山を構成する白根山と本白根山について、地元の要望を踏まえ、噴火警戒レベルの運用を個別に行うことを検討していることも明らかにした。

 宮村氏は二〇一四年九月の御嶽山噴火と比較し「(噴出量は)少なく、噴火現象が小さい」と指摘。「噴火以前に比べると火山性地震が多い状態で、しばらく様子を見る必要がある」とした。草津町は本白根山の鏡池付近から二キロ範囲に暫定的な立ち入り規制をかけている。規制には国道も含まれており、範囲縮小について、黒岩信忠町長は「火山噴火予知連絡会での議論を参考にしながら考えたい」と述べるにとどめた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報