東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

前期6021人、連携型43人 県内公立高の合格状況

 県教育委員会は十六日、公立高校全日制・フレックススクール計六十六校の二〇一八年度前期選抜の合格状況を発表した。合格者は六千二十一人(前年度六千百四十一人)で、募集人員より十二人少なかった。志願者一万三千百二十六人に対する合格率は45・87%(同44・86%)だった。

 前後期合わせた募集定員に対する前期の合格者の割合は46・57%(同46・07%)だった。尾瀬、万場、嬬恋高校の連携型選抜は志願者四十三人全員が合格した。

 後期選抜は入学願書受け付けが二十二、二十三日、志願先変更受け付けが三月二日、学力検査が三月八、九日で、同十六日に合格者が発表される。 (石井宏昌)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報