東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

中学生ボランティア こどもまつりで体験 太田リーダークラブが開催

ボランティア体験活動に参加した中学生(青色ジャージー姿)ら=太田市で

写真

 太田市の「OLC(太田リーダークラブ)こどもまつり」が、同市のぐんまこどもの国児童会館で開かれた。

 OLCは一九七〇年に結成された高校生のボランティア団体で、現在は二十二人が活動している。子ども会の行事やキャンプなどに参加し、小中学生の支援をするジュニアリーダー(年少指導者)を育成するのが目的。子どもたちと年齢が近く、良き兄や姉、または友だちとして指導の中心的役割を担ってほしいと、市教育委員会青少年課がサポートしている。

 こどもまつりでは同課の中学生ボランティア体験活動事業もあり、市内の中学校十八校の生徒ら七十五人が参加し、子どもたちの遊び相手として活躍した。

 生徒らは手作りゲームの「さかなつり」「たからさがし」などに駆け寄ってきた子どもたちに、優しい笑顔で「釣れるかな」「がんばって」などと話しかけていた。会場の全体把握と総括担当の山口絵里名さんは「この経験を生かし、進路の選択肢を増やしたい」と話した。 (粕川康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報