東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

ネイルアートの魅力体験 沼田・多那小でキャリア教育授業

ネイルアーティストの技を見学する児童たち=沼田市で

写真

 ネイルアーティストを招いたキャリア教育授業が沼田市立多那小学校であり、五、六年生が紙にエアブラシで模様を描いて仕事の魅力を体験した。

 講師は前橋市在住で、東京都内にネイルアートショップを開く大塚翔太さん(31)。大塚さんは独学でネイルアートを学び、エアブラシを使った独自の技法が高い評価を受けている。

 児童たちは大塚さんの指導で、はがき大の画用紙にマスキングテープを貼り、ピンク、青、緑、紫など十色以上の水彩絵の具の中から選んだ好きな色をエアブラシで噴霧して自由に模様を描いた。

 六年生の笛田愛矢(あや)さんは「ネイルアーティストの職業は今日初めて知った。エアブラシは思ったよりも簡単で何枚でもできそう。チャンスがあったらネイルアートをしてみたい」と感想を語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報