東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

安中・秋間梅林ウォーキング 満開の花や香り楽しむ

満開のウメの中を歩く参加者=安中市で

写真

 安中市の秋間梅林で17日、満開のウメの花と香りを楽しむ「秋間梅林ウォーキング」があった。市内外からの参加者約30人が梅林の観梅公園を発着点に約6キロ、約3時間のコースで花見と歴史散策を楽しんだ。

 秋間梅林祭の観光イベントの一環として、市と市ボランティアガイドの会が、アップダウンのあるコースで健康づくりを兼ねて開催。今年で7回目になる。

 参加者は、ウメの花をめでながら、珍しい餅をつく姿の道祖神や日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の際、馬に乗り飽きたとして馬から下り、秋間の地名の由来となったと伝えられる飽馬神社、恵宝沢の道標などを訪ね、ガイドの解説に耳を傾けていた。 (樋口聡)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報