東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

ケルナー遊具14基 新たに幼児用完成 高崎の観音山公園

完成した幼児用ケルナー遊具=高崎市で

写真

 高崎市石原町の観音山公園(カッパピア跡地)で市が整備を進めていた幼児用ケルナー遊具が完成し、24日から使用できるようになる。

 現在のケルナー広場の隣地約2000平方メートルに、メリーゴーラウンドやサイクルモノレールなどの幼児用遊具9種類14基が新たに設置された。ドイツの遊具デザイナーのハンス・ゲオルグ・ケルナーさんがデザインした。事業費は約2240万円。

 同公園は2016年3月に部分開園。2月末までに約18万6000人が訪れている。ケルナー広場には子どもが遊べる遊具が既に設置されているが、幼児が安全に遊ぶことができる遊具の設置を要望する声が寄せられていたという。

 公園の利用時間は午前9時から午後5時まで。利用料は無料。 (大沢令)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報