東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

海外旅行ガイドブック活用 観光パンフ作成 桐生市・足利市版「地球の歩き方」

「地球の歩き方」のブランドを活用したパンフレット

写真

 桐生市と栃木県足利市はダイヤモンド・ビッグ社(東京都中央区)と連携し、同社が刊行している海外旅行ガイドブックシリーズ「地球の歩き方」のブランドを活用した観光パンフレットを作った。このブランドを使った試みとしては地方自治体で初めてという。 (原田晋也)

 両市の情報と、両市を一泊二日で巡るモデルコースが掲載された合冊周遊促進版(十六ページ)は三十五万部、それぞれの市の情報だけを掲載した桐生市版、足利市版(ともに八ページ)を十万部ずつ作成。桐生市のソースカツ丼や足利市の史跡足利学校など観光地やグルメを紹介している。

 県外のイベントやキャンペーンで配るほか、両市の駅や観光施設、首都圏の大型書店十八店舗で配布している。このほか、桐生市ホームページからもダウンロードでき、大手通販サイトアマゾンの電子書籍販売サイト「キンドルストア」で電子版を無料公開している。

 桐生市観光交流課の担当者は「観光客目線でモデルコースやグルメなどが厳選されているのが特徴。実際に読みながら街歩きをしてほしい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報